可能性のど真ん中

発信テーマは海外・子育て・英語・ボディメイク・思索。自分の見ている世界と経験が誰かのお役に立てたら嬉しいです。

【スポンサーリンク】

今を生きる。それは子供がいつも実践していること。

こんにちは。24カクです。

禅、瞑想、マインドフルネス。

色んな名前がついてますが、呼吸を整えることと、過去でも未来でもなく「今」に意識を集中するという点は共通してると理解してます。雑念を追い払って、あるいは上手くコントロールして、「今この瞬間」に意識を集中する。


結果、リラックス感と生きることの感性を上げる。


でも、これって子供がいつも実践してることなんですよね。


今日、娘の体操の習い事を見ながら、「今を生きる」というメッセージの込められた人気ブログの記事を読んでたんですね。そしたら、目の前で体操をやってる娘が以前出来なかった技が出来るようになって、その時の嬉しそうな顔を見て。

体操が終わって、やったやん!から始まって今日はどうやったら上手くいったのか聞いたら、それはそれは嬉しそうに顔を輝かせながら色々と話してくれました。

やった、出来た!嬉しい!という「今」を一生懸命表現してくれた。

そんな娘を見ていてぼくも嬉しかったし、何より輝いてました。

子供はいつも今を生きている。

考えてみたら、小さな子供っていつも「今」を一生懸命に生きてるんですよね。

オセロがしたい、公園に行こう、一緒に縄跳びしたい、見て見て!攻撃、今日は絶対にアイスを食べたい!

気分の乗らないことは何を言ってもらやらない。かと思えば、素直にぼくの家事を手伝ってくれたり。

納得いかないことがあってさっきまであれだけスネてたのに、楽しそうなことが目の前に現れた途端、一転パッと顔を輝かせてスネてたことすら一瞬で忘れてしまう。


まさに、今その瞬間を生きている


素敵だなーって思います。

いい意味で執着が無いし、あれこれと未来の余計なことを考えて不安になるなんて事がない。


目の前のことに没頭する。集中する。そうして自分の好きなこと、興味のあることに神経の全てを注ぐ

ヤなことは絶対にイヤ。納得いかないことはとことん納得いかない。したいことは今すぐ絶対にしたい。そうして自分にウソをつくことなく、自分の今を素直に全力で表現する


まさに自分もこうありたいという、理想の姿だなーって思います。


大切なことは子供が教えてくれる

周りに合わせたり、他人の目を気にしたり、好きな事が分からずモヤモヤしたり。そんなところが微塵もない。

リラックスして、感性そのもので生きてないとこうはなれないなって思う。

禅や瞑想やマインドフルネスも素晴らしいと思うけれど、今この瞬間を生きるお手本はいつも目の前の子供が見せてくれてる。


大切なことはいつも子供が教えてくれる。


何かに迷ったら、子供の生き方こそ一番のお手本になると思います。


【スポンサーリンク】