可能性のど真ん中

発信テーマは海外・子育て・英語・ボディメイク・思索。自分の見ている世界と経験が誰かのお役に立てたら嬉しいです。

【スポンサーリンク】

ダイエットの前提。体重が減るということ。

こんにちは。24カクです。

前回記事で、ダイエットの目的について書きました。おそらく多くの人にとって、ダイエットの目的は単純に「体重」という数字を減らすことではなく、結果として引き締まったバランスの取れた身体になること、つまり「ボディメイク」ではないかということを書きました。

そして、体重を減らすには体質や運動の有無は関係なく、単純にカロリーの収支で決まるということにも触れました。

www.24kaku.com


今回は改めて、この「体重」が減るということについて書いてみます。

体重増減の原則

  • 「リバウンドしにくい身体をつくる」
  • 「筋肉を出来るだけ残しながら減量する」
  • 「とにかくスリムな身体になる」

どんな体型を目指そうと、ダイエットの前提は結果的に体重を減らすこと。

(但し、筋肉をドンドン増やしてムキムキになりたい人は別です。その場合は脂肪摂取を出来るだけ抑えつつ、カロリー収支をプラスにして体重を増やしてやる必要があります。その話はまた別の機会にします)


体重増減の原則は極めてシンプルで、摂取カロリーと消費カロリーの大小で決まります。本当にそれだけです。


消費カロリー>摂取カロリーであれば体重は減ります。


摂取カロリー>消費カロリーであれば体重は増えます。


これが大原則。例外はありません。

健康かどうか、目指す体型が何かは置いておいて、「体重」という数字だけに焦点を当てるならその仕組みは上記で全てです。

摂取エネルギーが消費エネルギーに足りないとき、脂肪や筋肉を分解してエネルギーを補うから体重が減る。逆に、消費エネルギー以上のエネルギーを摂取すればそれが消えてなくなることはなく、かならず何らかの形(脂肪や筋肉など)で体に残って体重は増える。

これだけです。

ここには食事内容や運動の有無、体質は関係ありません。


したがって、食事制限により摂取カロリーを減らそうが、運動により消費カロリーを増やそうが、消費カロリー>摂取カロリーの状態にさえ持っていけば体重は減ります。逆に食事を減らそうが、運動しようが、結果として摂取カロリー>消費カロリーの状態になっていれば体重は増えることになります。


とってもシンプル。


ほんとにこれだけです。

「ダイエット」しても体重が減らない?

食事管理も運動もしているのに体重が減らないという話をたまに聞きますが、それは単純にカロリー収支の計算が間違っているだけだと思います。

体質ではありません。

運動の有無でもありません。


前回記事にも書きましたが、ぼくも一年半ほどかけて16Kg減量したことがあります。
やったのは食事制限、つまりカロリー収支の管理だけです。

その時期、運動をした記憶がありません。

食事制限の具体的内容は、

  • 晩ご飯から炭水化物を一切抜く。
  • 朝食の量を少し減らす。
  • 食べ足りない時は野菜を中心に、おかずでお腹を満たす。

これだけです。

あとは、大好きなビールや地酒、ワインも好きな時に好きなだけ飲んでましたし、ランチは好きなものを好きなだけ食べてました。なので、ストレスはほぼ感じませんでした。
ただ、そういう生活をしていると揚げ物などの油物は自然と避けがちになり、それがダイエットを後押しした側面はあると思います。

結論

体重を減らしたいのであれば、摂取エネルギーを消費エネルギー以下にする、それだけです。
どんな食事制限をしようが、どんなトレーニングをしようがここは必ず守る必要があります。そうしないと体重は増えてしまいます。

「体重」という数字だけに焦点を当てるなら、上記の通り、カロリー収支が全てです。怪しげなダイエットサプリにお金をかける必要も無いし、「◯◯だけ食べて痩せる!」みたいな不健康なことをする必要もなし。また、しんどい運動をする必要もありません。


ただ、「ボディメイク」という観点からは、単に体重を減らすだけでは理想の引き締まった身体にはならないと思います。

それは、体重が減るという局面では、脂肪だけではなく筋肉も一緒に減るからです。

次はこのあたりの話を、運動と絡めて見ていきたいと思います。


【スポンサーリンク】