可能性のど真ん中

豊富な海外経験から、"常識"に縛られず、独自の視点から日頃感じていることを発信してます。

【スポンサーリンク】

ワニさんに気をつけろ!親子プール遊びの定番。子供の心に温かさを。

こんにちは。24カクです。


ワニさんに食われるぞー!
気をつけろー、きゃーーっ!☆


お待たせしました。
親子プール遊びの定番、第三弾です。

www.24kaku.com

www.24kaku.com

先週末、娘といつもの屋内プールに行って新しい定番遊びを見つけたのでその紹介です。

小1の娘に結構ウケましたよ。
「ワニさん役」を親子で交代しながら30分は遊べます。


では早速遊び方の解説、いきます!


遊び方

  1. 親子で子供用の浅いプールへ。
  2. ワニさん役: プールの中にうつ伏せに横たわる。水面に顔だけを出す。ほんとのワニさんっぽく、目が水面からギリギリ出てくるところに頭の高さを調整する。
  3. 食べられ役:(水牛さん、鹿さん。なんでもオッケー)。 プールサイドに腰掛ける。足をプールにつけてゆっくり水飲みのマネ。手で水を掬いながら、ややアホっぽくゆっくりと飲む設定で。
  4. ワニさん役: 食べられ役に気づかれないよう、ジリジリとゆっくり距離を詰める。水面からギリギリ出た、目の高さはちゃんとキープしたまま。
  5. ワニさんに気づかずゆっくり水飲みしてたら、なんとワニさんが!!
  6. ワニさん役:ガバー!!っと両手を目一杯広げてワニさんの口にして、そのまま食べられ役の足をガブリ!!
  7. 食べられ役: きゃーー!!ワニが出たー!!イターい!もうあかーん!!
  8. ワニさん役: きゃーーオモロい!も一回!

親子でワニさん役と食べられ役を交代しながらやってみてください。

ポイントは、食べられ役のオーバーリアクションです!

恥ずかしがってはダメ。

世界には自分と自分の子供しかいないという設定で、完全没頭の世界で演じ切ってくださいね。

ポイント解説

  1. 周りに人がいないことを確認して、安全には十分配慮して下さい。
  2. 親のオーバーリアクションが何より重要!オーバー過ぎるくらいでやれば運動効果もあるし一石二鳥☆
  3. ワニさん役も、食べられ役も親のオーバーリアクションが成否を決めます!
  4. お顔付けが出来て、水中で軽く動ける子なら遊べると思います。


子供が水面からギリギリ目だけを出してワニさんを真似てる姿、めちゃくちゃ可愛いですよ。

その可愛い姿を見るだけでも、この遊びの価値があります。

親は子供のおもちゃ。

親の威厳、子供に対する権威なんて別に要らないよなーって、子育てしててほんと思います。

尊敬して欲しいなんて全く思わないし、そもそもぼく自身立派な人間ではない。子供の前でぐらい立派な親でいようとも思わない。日々の暮らしで人間丸出しで生きてるのに、そんな器用なこと出来ない。


子供と一緒にいるとき、めいっぱい思いっきり遊ぶ。死ぬほど楽しませてあげる。楽しませてもらう。

それだけで十分な気がします。


親とのそんな思い出の積み重ねが、子供の心に何か温かいものを残せればいい。


だから、親は子供にとっての「おもちゃ」ぐらいで十分じゃないかなーって、

そう思ってます。


【スポンサーリンク】