可能性のど真ん中

発信テーマは海外・子育て・英語・ボディメイク・思索。自分の見ている世界と経験が誰かのお役に立てたら嬉しいです。

【スポンサーリンク】

爽やかなくたくた感。充実感。

こんにちは。24カクです。


あー、今日はよくやった!
何も考えずにすぐ寝れそう。


そんな日っていいですよね。


昨日は、早朝から日帰り出張。お客さんとの打合わせも上手く運び、家に帰ってからはジムに行って筋トレ。

移動の疲れを飛ばしつつ、徐々に追い込んで心地よい疲労を身体に与えていく。

全体的にいい感じのくたくた感。

布団に入る前から、一瞬で眠りに落ちることがわかる。何も考えずに眠りにつけることがわかる。


そんな日、

「あー、今日はよく生きたな」と思う。


爽やかさに溢れるくたくた感。


毎日生きるだけで精一杯だった時代、みんなこんな感じだったのかな。

ぼくの意識はそんなところへ向かいます。

どうせ生きるなら

大好きなチャップリンの名言。

There’s something just as inevitable as death. And that’s life.

死と同じく避けられないものがある。それは生きることだ。


生きてたら色々ありますよね。
嬉しいこと、歯がゆいこと、逃げたくなること、しんどくても立ち向かわなきゃいけないこと。
不安になって本を読み漁ったりして、何かを分かった気になって。それでもまた人を傷つけたりして。


でも、生きなきゃならない。

それは避けられない。


知性という厄介なものを背負ってしまった人間は、すぐに「生きる意味」なんて考えてしまう。

そんなもの、どこにも無いかも知れないのに。

答えなんて多分ないのに。

多分、退屈なだけなんですよね、そういうの考えてる時って。単につまらないだけなのかも。


「爽やかなくたくた感」


これが1つの答えなのかも。

知性が退屈する前に、自分をしっかりノセて機嫌よく動き続ければ、爽やかさを持ったくたくた感の中で眠りに落ちれる。

そんな充実感。


どうせ生きるなら。

生き続けなきゃならないのなら。


一日のくたくたを爽やかさで包み込んで眠りに落ちるような、そんな毎日を過ごしたいなって思います。


【スポンサーリンク】