可能性のど真ん中

豊富な海外経験から、"常識"に縛られず、独自の視点から日頃感じていることを発信してます。

【スポンサーリンク】

ブログの何が嬉しいか、って。

8月22日に、生まれて始めての記事を投稿して以来、今日で丁度30日目。1ヶ月です。

この記事を書いている時点で読者登録頂いた方 129名、PV数は2,085と、始めた当初には全く想像していなかった多くの方々に訪問頂き、とっても喜んでいます。

ほんとにありがとうございます。

先月 8月22日に始めて以来、これまで毎日欠かさず記事を更新してきました。

  • ど素人のヘタクソは、まず練習。つべこべ言わず練習し続けたら、いつか書く神経も発達して、あとは頭じゃなくて身体がなんとかしてくれるよ。

  • ヘタクソでも毎日書いてれば1mmずつでも前進するよ、きっと大丈夫。

  • 「可能性のど真ん中」にいること、まずは自分のブログで示さなきゃ


こんな思いで書き続けてきました。


今日はこれ!と書きたいことのイメージが既に浮かんでいる日もあれば、

何書こうかな。。という日もあれば、

忙しすぎてどうやって記書く時間を作ろうか、

なんて日もありました。


でも、

書き続けて良かった。ほんとに良かったと思います。


ブログを書いてて何が嬉しいか。

色々あります。

わざわざ大切な時間を割いて記事を読んで頂ける方がいる、という事実がもちろん1番嬉しいんですが、

他にも、

  1. 考える、書くという作業に没頭できる。「幸せ」って、「没頭」のことですよね。
  2. そんな没頭が、習慣になった。
  3. そして。。文章を書いてるだけなのに、ぼくの性格を言い当てる方が現れました!

ちゃーちゃんさんというブログ仲間がいます。

昨日ぼくが以下の記事で、ブログを書いていてもどかしさを感じる、納得には程遠いということを書いたのですが、

www.24kaku.com



それに対して、以下のコメントを頂いたんです。

おはようございます!
24カクさんの性格だと、もし100点の文章が書ければそれで終わってしまうような気もします(笑)

私は24カクさんの発するメッセージ大好きです。
『不能一口吃个胖子(ローマは一日にしてならず)』
千人超えの読者さんをもつブロガーさんも、一歩一歩だったはずです。

お互いぼちぼち行きましょう~


「24カクさんの性格だと、100点の文章が書ければそれで終わってしまうような気もします」


その通り!


ほんとにその通りなんです。
例えば趣味でも何かハマる対象が出来ると、納得できるまでとことんやり続けるという性格で、そして自分にとって100点に近いところが見えたら(納得感が十分高まったら)、別の趣味に走る。。
これまでにも何度かあったんです、そういうの。


何でぼくの性格がわかったんだろう?会ったこともないのに。文章書いてるだけなのに、って。

新米ながら、ブログを書く上で最初から決めていたことがあります。

それは、テーマを絞らないということ。

「自分」が他者とのつながりの中で、関係性の総体であるなら、

一つのテーマではとても「自分」というものが滲み出てこないだろうな、と思ったから。

ブログを書く理由。それは「自分探し」、ではなくて。 - 可能性のど真ん中

色んなテーマで記事を書く結果として、ぼくという人間性が滲み出ればいいな、と思ってブログを始めたんですが、まさにそれが体現されたって感じでした。

なかなか経験できないですよね、こんなの。

ほんとに嬉しい出来事でした。


さて、ちゃーちゃんさんの紹介です。

中国に長年住んでおられて、情に厚く人情味溢れる中国の方々とのお話や、ご家族との日常を丁寧な筆致で書いておられて、心温まる内容が多く、記事が更新されたら必ず読ませて頂いてます。

ぼくも中国には頻繁に出張に行くのですが、現地の方々と交流して感じる温かい実感と、中国に関する日本での報道には大きな隔たりがあるなと感じています。
日本でのバランスを欠いた報道が、中国に対する誤解や偏見の温床になってるなーって思うんですが、ちゃーちゃんさんのブログがもっと多くの方に読まれれば、そういう偏見は是正されるんじゃないかなって、本気で思ってます。

ぜひ読んでみてください。

おすすめ記事は沢山あるんですが、一つに絞るならこれをおススメさせて頂きます。
「異文化理解」の現実(葛藤)と目指すべき姿が見事に描かれていて、日頃海外に関わるものとして背筋を正される思いです。

chachan-china.hatenablog.com




最後になりましたが、今後もブログを書き続けていくことに決めているので、お時間あるときに是非覗いてみてください。

今後ともよろしくお願いします。


【スポンサーリンク】