可能性のど真ん中

豊富な海外経験から、"常識"に縛られず、独自の視点から日頃感じていることを発信してます。

【スポンサーリンク】

谷が深ければ、山も高い。人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇だ。

前回記事で、チャップリンの名言を引用し、ぼくの実体験を交えながら、

  • 谷=落ち込み。ネガティブな状態があれば、次には山=充実した状態が来る。
  • その谷の深さと山の高さは同じだと思う。

という内容について書きました。

www.24kaku.com



今回はこの続きです。

周期的なもの。みんなバランスを取って出来ている。


普段人前でとても明るく、面白くて、盛り上げ上手な友達が、定期的に激しい頭痛に襲われる、胃が痛くなる。なんて話を聞きます。

なんか、定期的に来るみたいです。

そして何か予兆があるみたいで、そんな時は早く布団に入って寝るしかない、そういう状況みたいです。

そうやって、バランスを取っているのかな?と思います。

普段面白くて、気遣いもできて、場も盛り上げられる。

その代わり、定期的にしんどくなる。

こういう周期を繰り返しているのかな、と思います。

普段周りにプラスの影響を沢山与えている、その山の高さ分だけしんどくなってしまう(谷の状態)。

もちろん推測に過ぎないので、体感としては分からないところがありますが、そんな気がします。

谷が深ければ山も高い

先ほどの例は、「谷」の部分が肉体的な不調として現れる話でしたが、これが肉体的にくるか(頭痛など)、精神的にくるかが人によって違う話なのかなーと思います。


例えば身体の仕組みで交感神経で神経が高ぶれば、副交感神経が働いて神経を休める、といったように、


そして、前回記事で書いたぼくの実体験のように、


「山」と「谷」はセットなんだと思います。


何が言いたいか?


今、何かとってもしんどくて、「もういやだ」って状態でも、きっとそのしんどい深さの分だけ、次に大きな山が立つんじゃないかな?って。


そうやって、人生もどこかで周期的なバランスを取ってるんじゃないかな?って。



どれだけ雲が厚くて雨が降っていても、雲の上にはかならず太陽がありますもんね。


きっと大丈夫。


ロングショットで見れば人生は喜劇


いつか笑える日が来ますよ、きっと。


めっちゃ楽しみじゃないですか、そんな日が来るの。

【スポンサーリンク】